• 標準
  • 大

教育目標

機械工学科の教育の特色

機械工学とは、数学・科学・技術を駆使して、情報、エネルギー、運動などを正確に高確率でかつ円滑に伝達あるいは変換することにより、人間生活に有益で環境に優しい高性能・高品質の製品を効率良く生産をするを追及する学問分野です。

機械工学科では、自然環境との調和のもとで人類の持続的な発展を実現するために必要なものづくりに要請される数学・物理・各種力学、材料学などの幅広い分野の基礎に重点をおいた教育を通じて、機械工学を考える上で基本となる現象を物理的に理解する能力を養います。それと同時に、計算機工学、制御工学、情報工学、システム工学、設計学、生産工学等の応用科目を修得させることにより、学際的な問題に対応する能力を開発し、新しい発想に基づき柔軟で総合的に問題を解決できる能力を有し、機械工学に関する実践的な研究・開発・設計および生産に携わるエンジニアを養成することを理念としています。

機械工学専攻の教育の特色

機械工学専攻の教育はますます多様化、拡大する社会の要求に対応して、わが国の基盤産業を支え、将来の化学技術の発展を担う高度な機械技術者並びに独創的な研究者を育成することを目的としています。

本専攻では環境、エネルギー、ナノテクノロジー、ロボティクス、設計・生産システムなどのハードウェアとソフトウェアの両面から、先端的かつ高機能化された多数の要素技術を統合・融合することにより、社会や環境との調和を保ちつつ、高度に復雑多様化した機械システムの設計、製造、制御まで幅広く機会及び関連する分野の教育研究を行います。

博士課程前期課程では、高度な専門基礎学力と基礎的研究開発能力を兼ね備え、将来社会のリーダーとなるべき論理観と国際感覚に富んだ人材を養成するとともに、博士課程後期課程では学際的センスを身につけ、独創的な研究・開発を遂行することができる人材を養成します。
このため、機械工学専攻に熱流体エネルギー、材料物理、及び設計生産の3講座を設置します。

学科カリキュラムの特色

機械工学科の基本教育方針は、幅広い基礎知識の上に、独創性、応用力、柔軟性を合わせもつ技術者、研究者を養成することにあります。このため充実した専門基礎科目と専門科目、さらに効果的な実験・演習科目を配分したカリキュラムを作成しています。具体的には、専門分野の基礎科目を精通して系統化することはもとより、機械工学の面白さを専門的観点から身に触れて解説する機械工学基礎を1年前期に、3年では習得した機械工学の知識と先端分野との有機的な合成を計るため先端機械工学詳論(I-IV)を組み入れるとともに、各研究分野の主任教授が先鋭化した最先端の機械工学を講述する先端機械工学通論を3年後期に配するなど、他に例を見ない個性化および活性化を行っています。

また、「ものづくり」という実践的教育も早くから取り入れており、工学論理の教育と相乗させてバランスのとれた人材を作るよう心がけてきました。以上のような理念と実践的取り組みのもと、創造性及び国際性豊かな研究者・技術者を輩出しています。

本機械工学科における教育の特徴は、揺るぎ無い基礎学力を身につけると同時に、幅広い応用に対応できる柔軟な思想力と応用力を持ったエンジニアを育成することにあります。そのため、学年進行に応じて基礎から応用へと系統的に用意された講義・演習と幅広い実験・演習などの体験学習、さらに最終学年の4年生では最先端の研究に触れて感性を磨き、応用力をつけるための卒業研究が用意されています。

専攻(大学院)カリキュラムの特色

本専攻は、応用流体工学、混相熱流体工学、エネルギー変換工学、エネルギー環境工学、固体力学、破壊制御学、材料物性学、表面・界面工学、複雑系機械工学、機械ダイナミックス、コンピューター統合生産工学、知能システム創成学、創造設計工学の教育研究分野から構成され、幅広い教育と研究に対応しています。

高度に発展した機械工学のすべての学問領域に関して開講されている講義の中から、専門分野に応じてそれらを系統的に選択・受講することにより、最先端の機械工学のあらゆる分野の基礎理論から高度な応用に至る広範な知識を得ることができるようカリキュラムを構築し、柔軟性ある教育を行っています。

また、機械工学全般にわたる基礎事項をエンジニアの常識として修得できるよう専門分野以外の講義についても自発的に受講するように啓発しています。さらに、学外の非常勤講師による実践的な内容の講義を通じて、基礎理論の応用・実用化の実際を直に学ぶことができるよう考慮されています。本専攻の大学院生は全員いずれかの研究分野の構成員となり、それぞれ独自の研究を行います。

指導教官との対等な立場での議論を通じて独創的な研究の進め方、また卒業研究生との共同研究を通じて研究指導の実際を体得します。このような研究活動を通じて完成させた研究は、修士論文としてまとめると同時に積極的に学内外で発表し、その成果が問われます。

専攻概要

ページのトップへ