Daiki Shiozawa

塩澤 大輝(しおざわ だいき)

役職 助教
学位 博士(工学)
生年月 1977.6
学歴 大阪大学大学院工学研究科機械工学専攻博士後期課程修了(2004)
大阪大学大学院工学研究科機械システム工学専攻博士前期課程修了(2002)
大阪大学工学部産業機械工学科卒業(2000)
職歴 神戸大学大学院工学研究科(2007- 助教) 神戸大学工学部(2004 - 助手)
日本学術会議特別研究員(2004)
専門分野 材料強度学,破壊力学,非破壊検査
研究テーマ ピエゾ材料を用いた受動型電気ポテンシャルCT法による欠陥検出およびモニタリング
磁気計測を用いた疲労損傷評価法の開発
SQUIDを用いた非破壊検査法の開発
主要著書 --
主要論文
(5本)
1) ピエゾ材料を用いた受動型電気ポテンシャルCT法によるき裂同定に関する実験的検討,塩沢大輝,久保司郎,阪上隆英,奥野康輔,材料,51巻(8号),pp.926-931,(2002).
2) Identification of Delamination Defect in Laminated Composites by Passive Electric Potential CT Method, Daiki Shiozawa, Shiro Kubo, Takahide Sakagami, Inverse Problems in Engineering Mechanics IV, Masataka Tanaka(Editor), Elsecier Science, pp.195-203, (2003).
3) Passive Electric Potential CT Method Using Piezoelectric Material for Crack Identification, Daiki Shiozawa, Shiro Kubo, Takahide Sakagami, Inverse Problems in Engineering, Vol.12, No.1, pp.71-79, (2004).
4) An Experimental Study on Applicability of Passive Electric Potential CT Method to Crack Identification, Daiki Shiozawa, Shiro Kubo, Takahide Sakagami, JSME International Journal, Vol.47, No.3, pp.419-425, (2004).
5) 受動型電気ポテンシャルCT法を用いた三次元表面き裂の同定に関する実験的検討,塩澤大輝,久保司郎,阪上隆英,日本機械学会論文集(A編),71巻(707号),pp. 1038-1045, (2005).

学会活動 日本機械学会,日本材料学会
社会活動 --
受賞 --
Home page http://www.research.kobe-u.ac.jp/eng-fracture/
E-mail shiozawa
部屋番号 自然科学研究棟3号館121号室
TEL/FAX 078-803-6329/078-803-6155